【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】コバノミツバツツジ見頃 鈴鹿・伊奈富神社

【三重】コバノミツバツツジ見頃 鈴鹿・伊奈富神社

ジャンル・エリア : 三重 |   2015年04月07日

見頃を迎え、紫のトンネルになった境内のコバノミツバツツジ=鈴鹿市の伊奈富神社で

見頃を迎え、紫のトンネルになった境内のコバノミツバツツジ=鈴鹿市の伊奈富神社で

 鈴鹿市稲生西の伊奈富(いのう)神社でコバノミツバツツジが見頃を迎えている。

 コバノミツバツツジはこの地域に室町時代から自生しているとされ、神社では約8万平方メートルの起伏のある境内に約5000株が群生している。社殿裏手の散策路はツツジが覆いかぶさるように咲き、紫色のトンネルのよう。

 伊勢市から友人と訪れた奥山真喜子さん(65)は「ツツジの多さにびっくり。紫色の濃淡が木によって違い、とてもきれい」と散策を楽しんでいた。

 同神社によると、開催中のつつじまつり(中日新聞社後援)が終わる16日ごろまで楽しめるという。

 (長塚律)

旅コラム
国内
海外