【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】毘沙門天 憤怒の美 南砺の仏師 藤崎さん大作

【富山】毘沙門天 憤怒の美 南砺の仏師 藤崎さん大作

ジャンル・エリア : 富山 | 芸術  2015年04月08日

制作した毘沙門天三尊像を紹介する藤崎秀平さん=南砺市北川で

制作した毘沙門天三尊像を紹介する藤崎秀平さん=南砺市北川で

 南砺市松島の仏師藤崎秀平さん(55)が、福島市の仏母寺から受注し、大作「毘沙門天(びしゃもんてん)三尊像」を彫り上げた。14日まで井波彫刻総合会館(南砺市北川)で展示した後、現地へ納める。

 藤崎さんは同寺から3年前に七福神像の制作依頼を受け、昨年10月から毘沙門天を彫り始めた。ヒノキ材を使い、像の高さは約1.4メートル、台座の幅は約1.1メートル。鎌倉時代に活躍した運慶や快慶に代表される「憤怒相の様式美を再現したかった」と、表情にこだわって完成させた。

 毘沙門天の妻とされる吉祥天(きっしょうてん)と、子の善膩師童子(ぜんにしどうじ)も一木彫りで仕上げ、三尊像として両脇に配置した。藤崎さんは今後、残りの六神の制作に取り掛かるという。 (近藤統義)

旅コラム
国内
海外