【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】たらい舟でゆったり案内 大垣で春の運航始まる

【岐阜】たらい舟でゆったり案内 大垣で春の運航始まる

ジャンル・エリア : 岐阜 |   2015年04月24日

水門川をゆったりと進むたらい舟=大垣市内で

水門川をゆったりと進むたらい舟=大垣市内で

 大垣市中心部を流れる水門川で「水の都おおがきたらい舟」(大垣観光協会)の春の運航が始まり、観光客らが水上からの景色をゆったりと楽しんでいる。

 長さ1.8メートル、幅1.5メートルの木製たらいが使われ、東外側駐車場前から奥の細道むすびの地記念館までの1.1キロを約30分かけて進む。西濃水産漁協組合員や岐阜経済大、大垣女子短大の学生らが船頭となって竹ざおで舟を操り、観光客らを案内した。

 たらい舟は、関ケ原合戦時に石田三成に仕えた武将の娘「おあむ」が大垣城からたらいに乗って難を逃れたという故事にちなむ。5月6日までの土日・祝休日に1日6回運航。乗船料は1隻1回2000円(定員3人までで合計体重180キロ以内。4歳未満は乗船不可)。空き状況はホームページ(「水都旅」で検索)で紹介。

 (問)大垣観光協会=0584(77)1535

(山本克也)

旅コラム
国内
海外