【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】オウムガイ赤ちゃん2匹を一般公開 鳥羽水族館

【三重】オウムガイ赤ちゃん2匹を一般公開 鳥羽水族館

ジャンル・エリア : 三重 | 動物 |   2015年04月30日

誕生したオウムガイの赤ちゃん=鳥羽市の鳥羽水族館で

誕生したオウムガイの赤ちゃん=鳥羽市の鳥羽水族館で

鳥羽市の鳥羽水族館で飼育しているオウムガイの卵がふ化し、一般公開を始めた。

 赤ちゃんは殻の直径が約2.5センチ。水族館によると、飼育する野生個体が昨夏に産み落とした卵が3月中旬からふ化の兆候を見せ、1カ月以上かかって今月25日朝に産まれているのを職員が確認した。

 同時期にふ化した別の卵からは、先月20日に赤ちゃんが誕生している。水族館では2匹一緒に2階の「古代の海ゾーン」に展示した。

 2匹の誕生で飼育するオウムガイは12匹になった。水族館では「今後も安定して繁殖個体を長期的に飼育し、世界初の繁殖個体同士の三世誕生を目指したい」としている。

 (中谷秀樹)

旅コラム
国内
海外