【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】木曽の味覚、楽しんで GWに道の駅などでイベント

【長野】木曽の味覚、楽しんで GWに道の駅などでイベント

ジャンル・エリア : グルメ | 特産 | 甲信越  2015年05月01日

イベントチラシを掲げる職員=木曽町のふるさと体験館きそふくしまで

イベントチラシを掲げる職員=木曽町のふるさと体験館きそふくしまで

 木曽町の「道の駅 日義木曽駒高原」と「ふるさと体験館きそふくしま」は、大型連休に合わせて多彩なイベントを開催する。木曽牛のコロッケやイノシシ汁など木曽の味覚がそろい、家族連れで楽しめそうだ。

 「道の駅 日義木曽駒高原」は1~6日に開催し、「味わい横丁」として屋台を並べ、木曽牛を使ったメニューを提供する。8時間煮込んだ牛肉がぎっしり詰まった「木曽牛BIGコロッケ」や、タコの代わりに牛肉が入った「木曽牛たこ焼き」が目玉だ。

 地元で採れたブルーベリーやイチゴを使ったソフトクリームもあり、駅長の水崎直美さんは「地産地消で、ここだけのおいしい名物をたくさん用意しました。ぜひ食べに来て」と話す。

 旧黒川小学校の木造校舎を活用した「ふるさと体験館きそふくしま」では3~5日にイベントを実施し、各日とも先着100人にイノシシ汁を振る舞う。

 そば打ちや五平餅作り、木工クラフトなどの体験メニューを用意し、フリーマーケットも開催する。子どもたちが射的や竹馬などができる「木育広場」と「遊びの広場」も企画し、体験館スタッフの桑村恭彦さんは「家族で遊びに来て、イノシシ汁も味わってほしい」と呼び掛けている。

 (前田寛季)

旅コラム
国内
海外