【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】見栄えがよく豪華 近江八幡で商家の五月人形展

【滋賀】見栄えがよく豪華 近江八幡で商家の五月人形展

ジャンル・エリア : 工芸品 | 文化 | 近畿  2015年05月11日

展示された江戸時代の武者人形=近江八幡市新町で

展示された江戸時代の武者人形=近江八幡市新町で

 江戸時代後期から昭和初期にかけての商家に伝わる五月人形を紹介する「第6回五月人形展」が、近江八幡市新町の市立資料館3館と旧伴家住宅で開かれている。24日まで。

 主に八幡商人の商家に伝わり、同資料館に寄贈された武者人形や段飾り、金太郎や馬、トラなど計100点を展示。

 いずれも豪華で見栄えがする人形で、子どもの成長を願い飾った八幡商人の心意気が伝わってくる。

 市立資料館の石橋正嗣館長(63)は「資料館の所蔵品を知ってもらいたいし、端午の節句の意味を改めて知る機会になれば」と来館を呼び掛けていた。

 期間中は無休。入館料は市立資料館3館と旧伴家住宅の共通入館券が一般900円、小中学生500円。

 (前嶋英則)

旅コラム
国内
海外