【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】家具の見本市 静岡市で開幕

【静岡】家具の見本市 静岡市で開幕

ジャンル・エリア : 工芸品 | 静岡  2015年06月10日

工業デザイナー喜多俊之さんとメーカーが開発した製品=静岡市駿河区のツインメッセ静岡で

工業デザイナー喜多俊之さんとメーカーが開発した製品=静岡市駿河区のツインメッセ静岡で

 県の代表的地場産業である家具の見本市「シズオカKAGUメッセ」が9日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡で開幕した。11日まで業者向けで、13、14日午前10時~午後5時は一般公開する。全国優良ツキ板展示大会(一般も入場可)が10日まで同時開催される。

 KAGUメッセは県家具工業組合主催で、県内のメーカーなど計64社が出展した。ダイニングテーブルや照明器具、飾り棚、アンティークの和だんす、階段だんすなど、和洋の新作家具がそろっている。小物も宝石箱や茶たく、ティッシュ箱と豊富だ。

 地元製品を紹介する駿河の逸品コーナーや米国産広葉樹の家具などもある。

スカートなどに加工したツキ板も紹介している展示大会=静岡市駿河区のツインメッセ静岡で

スカートなどに加工したツキ板も紹介している展示大会=静岡市駿河区のツインメッセ静岡で

 今年は市内で開催中の家康公400年祭記念事業として、著名な工業デザイナー喜多俊之さんが家具メーカー9社と開発したテレビ台やテーブルなどを発表した。既存建物の大規模改修で機能や付加価値を上げるリノベーション市場への参入を目指し、各社がテーブルや仏壇、鏡台などを開発した。

 ツキ板は、床材や床の間などに装飾表面材として使う厚さ1ミリ未満~数ミリの天然木。展示大会は全国の27社が出展し、40種以上の樹種を集めている。扇子や造花、のし袋など加工品としての新たな利用方法も提案している。10日は午前8時半~正午。

(河野貴子)

旅コラム
国内
海外