【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】日本最古のいろは歌 出土した明和で展示

【三重】日本最古のいろは歌 出土した明和で展示

ジャンル・エリア : 三重 | 文化 | 歴史  2015年06月29日

いろは歌が書かれた日本最古の土器片が展示されている会場=明和町竹川の斎宮歴史博物館で

いろは歌が書かれた日本最古の土器片が展示されている会場=明和町竹川の斎宮歴史博物館で

 明和町の国史跡・斎宮跡から出土した、日本最古のいろは歌が書かれた土器の破片が、同町竹川の斎宮歴史博物館で展示されている。7月12日まで、月曜休館。

 破片は2010年10月、斎宮跡から見つかった。大きさは縦6.7センチ、横4.3センチ。復元すると、直径約9センチの素焼きの皿になる。表面に「ぬるをわか」裏面に「つねなら」と墨で書かれている。平安時代後期(11世紀末~12世紀前半)のもので、斎王に使えた女官が平仮名の練習に使ったとみられる。

 エントランスで今月から始めた無料企画展示「逸品」の第1弾で、破片の展示は約1年ぶり。同館学芸員は「破片は16年度に修理するため、この機会を逃すと、しばらく見られなくなる。ぜひ見に来て」と来場を呼び掛けている。

 (吉野淳一)

旅コラム
国内
海外