【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】安楽島で海水浴安全祈願祭

【三重】安楽島で海水浴安全祈願祭

ジャンル・エリア : 三重 |   2015年07月01日

旗を振りながら元気良く踊る園児=鳥羽市安楽島町の市営安楽島海水浴場で

旗を振りながら元気良く踊る園児=鳥羽市安楽島町の市営安楽島海水浴場で

 鳥羽市安楽島町の市営安楽島海水浴場で30日、海水浴シーズンに向けて安全祈願祭があり、市関係者ら20人が参列して期間中の無事と繁栄を祈った。海開きは7月1日で、8月末まで開放する。

 市内唯一の市営海水浴場で、48年前に開場された。海岸線は200メートルで沖に渥美半島や離島を望むことができる。5月に県が実施した水質検査で4段階中最高評価の「AA」と判定された。

 昨シーズンは8000人が訪れている。祈願祭で木田久主一市長は「多くの人に海水浴を楽しんでもらい、今シーズンの安全を願う」と呼び掛けた。

 神事の後、安楽島保育所の5歳児33人が「ヨッシャ来い!」など2曲の踊りを披露。長はんてんを着込んで男児はねじり鉢巻き、女児はリボンを飾り、元気よく大漁旗を模した旗を振りながらシーズンの到来を盛り上げた。

(中谷秀樹)

旅コラム
国内
海外