【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】城山公園 福井県高浜町

【福井】城山公園 福井県高浜町

ジャンル・エリア : グルメ | 文化 | | 福井  2015年07月02日

海食が創り出した城山公園の「明鏡洞」

海食が創り出した城山公園の「明鏡洞」

 日本海の荒波が創り出した奇岩、洞穴が点在する福井県高浜町の城山公園。海辺のこうしたものは通常、やや離れた場所からでないと見られないが、この辺りの海は遠浅で、日によっては間近で見ることもできる。

 JR若狭高浜駅から、海に向かって15分ほど歩くと高浜城跡などがある城山公園。周辺は、水もきれいで海水浴場になっている。公園内には8つの洞穴があるが、中でも明鏡洞(めいきょうどう)の眺めは格別だ。入り江に突き出た小高い丘のふもとが、海食で大きくくり抜かれている。岸辺から見た穴の向こうの水平線が、鏡のように見えたことから、この名が付いたのだという。洞穴の上には、強風で傾いた背の低い松が岩にしがみつき、絶妙の景色を演出していた。

 明鏡洞は、砂浜から20メートルほど離れているが、水深が浅く、夏場は水着などで洞内へも行ける。公園内には散策路も整備されていて、200メートルほど先の高台からは若狭湾が一望できる。

 公園から国道27号を舞鶴市方面へ少し行くと、海沿いにイタリアンレストラン「イルマーレ」がある。イタリア語で「海」というだけあって地中海に面したレストランのよう。パスタやピザが売りで、広い窓からの眺めも素晴らしい。地元名産のへしこを使った料理やカナダ牛450グラムを使った「1ポンドステーキ」(2580円)など、変わり種メニューもあり、若いカップルや家族連れでにぎわっていた。

福井県内では最古の創建とされる高野山真言宗・馬居寺=いずれも福井県高浜町で

福井県内では最古の創建とされる高野山真言宗・馬居寺=いずれも福井県高浜町で

 京都に近い若狭地方には、いくつも名刹(めいさつ)がある。高浜町の高野山真言宗・馬居寺(まごじ)は、寺伝によると619年、聖徳太子の開創といわれ、福井県内では最古級の寺院。江戸時代に建て直された本堂には、国重要文化財の本尊・馬頭観世音菩薩(ぼさつ)座像が安置されている。すぐ隣には熊野神社があり、かつての神仏習合の姿をとどめている。最寄りのJR若狭和田駅から山門までは約1.4キロ。かつては一帯が寺領だったといい、境内に入ると歴史の重みが伝わってくる。

 町内には高浜原発、隣のおおい町には大飯原発があるが、定期検査などで、ともに稼働を休止している。両町内には、日帰りの入浴施設のほか、おおい町出身の直木賞作家、水上勉さんが美術品や文学作品を展示するため故郷に開設した「若州(じゃくしゅう)一滴文庫」など、いろんな行楽施設があり、雨の日でも終日楽しめる。 (富永賢治)

 ▼メモ 高浜町へは、JR敦賀駅から小浜線に乗り換え、若狭高浜駅まで約1時間半。車で城山公園へ行くには、最寄りの舞鶴若狭道・大飯高浜ICから約10分。レストラン「イルマーレ」は、午前11時半(土日曜は11時)から午後10時まで。年中無休。(電)0770(72)5120。問い合わせは若狭高浜観光協会(電)0770(72)0338

(中日新聞夕刊 2015年7月2日掲載)

旅コラム
国内
海外