【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】宇宙空間楽しむカフェ 11日から阿智で期間限定オープン

【長野】宇宙空間楽しむカフェ 11日から阿智で期間限定オープン

ジャンル・エリア : まちおこし | 甲信越  2015年07月06日

11日に期間限定でオープンするスタービレッジカフェ=阿智村智里で

11日に期間限定でオープンするスタービレッジカフェ=阿智村智里で

 まるで宇宙空間にいるような体験ができる「スタービレッジカフェ」が11日、阿智村智里の富士見台高原ロープウェイ「ヘブンスそのはら」に期間限定でオープンする。4日夜、オープンに先駆けて村内の関係者向けの試写会が開かれた。

 星をテーマに観光誘客を進めるスタービレッジ阿智誘客促進協議会と、東京駅でプロジェクションマッピングを手掛けた村松亮太郎さんが代表を務めるネイキッドが主催する。

 環境省の「日本一の星空」に村が認定されたことを受け、協議会は3年前、ヘブンスのゴンドラから星空を眺めるツアーを開始。昨年は過去最高の約3万人が訪れたが、満天の星を楽しめた観光客は半数ほどだった。「星空が見られなくても、お客さんに満足してもらいたい」と、カフェを企画した。

 カフェは、操作盤を使って正面のスクリーンで太陽系の宇宙旅行が楽しめる。左側の壁にメニューが浮かび上がり、右側の窓ガラスに新開発のフィルムが張られ、カフェの紹介が流れる。

 アクリル板が設置されたテーブルにも映像が浮かび上がる。メニューは「満月うどん」や「ナイト☆カレー」など宇宙にちなんだ名前にしている。

 カフェのオープンに伴い飲食スペースの座席数を半分に削減。売店も信州のお土産を減らし、宇宙食やロケット模型など天体に特化した商品を並べた。

 ヘブンスの社長で協議会副会長の白沢裕次さん(50)は「昼神温泉の宿泊客を増やすことが最大の目的なので、村の観光の手助けになれば」と話した。

 カフェは10月17日まで。営業時間は午後7~8時と、午後9~10時を予定する。その他の時間帯は映像が流れない通常営業となる。(問)ヘブンスそのはら=0265(44)2311

(石川由佳理)

旅コラム
国内
海外