【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】縄巻き、手筒の準備に熱 17日から豊橋祇園祭

【愛知】縄巻き、手筒の準備に熱 17日から豊橋祇園祭

ジャンル・エリア : まつり | 愛知  2015年07月14日

竹を切り出して作った手筒に、縄を巻いて補強する男性=豊橋市札木町で

竹を切り出して作った手筒に、縄を巻いて補強する男性=豊橋市札木町で

 豊橋市関屋町の吉田神社周辺で17~19日に開かれる「豊橋祇園祭」を前に手筒花火を奉納する市内8町の氏子らが準備を進めている。札木町では11日、手筒の縄巻き作業があった。

 手筒は80センチほどの竹にござを巻き、さらに縄を巻き付けて補強する。火薬は祭の前日に詰め込む。縄巻きに先駆け、氏子らは6月末に新城市で、孟宗竹(もうそうちく)を切り倒した。この日は、25人が「オー」と掛け声を上げながら、順々に荒縄を巻き付けていった。

 職場の上司の誘いで初めて参加した栄佑樹さん(23)=豊橋市西小鷹野2=は「作業を通じて、地域の団結力の強さをひしひしと感じられた」と話した。

 17日は手筒や大筒花火、18日は豊川河畔で打ち上げ花火、19日はみこし渡御がある。

(西田直晃)

旅コラム
国内
海外