【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】梅雨明け、打ち水で涼を 美濃・うだつの上がる町並み

【岐阜】梅雨明け、打ち水で涼を 美濃・うだつの上がる町並み

ジャンル・エリア : まちおこし | 岐阜  2015年07月21日

暑さに負けず、浴衣姿で町並みに水をまく地域住民ら=美濃市中心部の「うだつの上がる町並み」で

暑さに負けず、浴衣姿で町並みに水をまく地域住民ら=美濃市中心部の「うだつの上がる町並み」で

 東海地方が梅雨明けしたとみられると発表された20日、美濃市中心部の江戸時代のたたずまいが残る「うだつの上がる町並み」で、地域住民らが水をまいて涼を取る「打ち水大作戦」が始まった。8月31日まで。

 市民ボランティア団体「美濃ゆめまち会」と市観光協会が厳しい暑さを和らげようと主催し7回目。期間中、町並みの15軒の軒先におけとひしゃくを設置し、訪れた人は誰でも打ち水ができる。

 初日は浴衣姿の住民ら30人が参加。水をまくと、しぶきがきらきらと輝きながら弧を描いた。写真愛好家40人も集まり、涼しげな様子を熱心に撮影した。

 美濃小学校4年の鈴木峻太郎君(9つ)は新調した浴衣で参加。「ぬれて気持ちいいよ」とはしゃいでいた。

(織田龍穂)

旅コラム
国内
海外