【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】平和国家の息吹 描く 劇団夢宇人25周年

【石川】平和国家の息吹 描く 劇団夢宇人25周年

ジャンル・エリア : 石川 | 芸術  2015年07月29日

公演に向けて芝居の稽古に励む団員たち=金沢市南新保町で

公演に向けて芝居の稽古に励む団員たち=金沢市南新保町で

金沢で来月公演

 結成25周年を迎えた劇団夢宇人(むうにん)の記念公演「花よりタンゴ」(北陸中日新聞など後援)が8月6日から、金沢市大和町の市民芸術村ドラマ工房で上演される。戦後の日本をたくましく生きる4姉妹の姿を通し、家族や国家の在り方を問い掛ける。9日まで。

 劇団夢宇人は代表の黒田百合さん(54)が中心となり1990年に旗揚げ。金沢市を拠点に年1回の公演を続け、現在は会社員や自営業など多士済々の10人が活動する。「心に風が吹く芝居」を掲げ、見終わった後に心に何かが残る公演を目指している。

 節目の年に選んだ「花よりタンゴ」は故井上ひさしさんの小説が原作。47年の東京・銀座を舞台に、元華族の4姉妹がダンスホールを守ろうと奮闘する姿を描く。ダンスとともに昭和の懐かしい名曲も登場する。

 4姉妹の中には戦争で夫を亡くした女性もおり、戦争や国家とは何かもメーンテーマにある。黒田さんは「平和国家」としての歩みが揺らいでいる現在の政治状況と重ね「戦後70年の節目に、幅広い世代の人に見てほしい」と力を込める。

 公演は6、7日が午後8時~、8日が同2時~と同7時~、9日が同2時~。9日のみ託児があり、31日までに申し込む。前売り一般2000円、高校生以下1500円。当日2500円。チケットは金沢市民芸術村、イオンもりの里店・松任店、県立音楽堂チケットボックスで販売。

 問い合わせは、劇団夢宇人=電076(239)2707=へ。(小室亜希子)

旅コラム
国内
海外