【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ハス「妙蓮」涼やか 金沢・持明院

【石川】ハス「妙蓮」涼やか 金沢・持明院

ジャンル・エリア : 石川 |   2015年07月31日

ピンク色の花を咲かせ見頃を迎えた「妙蓮」=金沢市神宮寺で

ピンク色の花を咲かせ見頃を迎えた「妙蓮」=金沢市神宮寺で

 全国でも珍しいハスの一種で県の天然記念物に指定されている「妙蓮(みょうれん)」が、金沢市神宮寺の持明院の庭園で見頃を迎えている。8月9日まで公開している。

 妙蓮は1つのつぼみに2つ以上の花をつける多頭蓮。1000~5000枚程度の花びらをつける。同院の妙蓮は弘法大師が中国から持ち帰った種をまいたのが始まりとされ、国内ではほかに滋賀県守山市でしか見られないという。

 庭園では例年並みの300程度のつぼみが順次開花している。薄ピンク色の花が2つ並んで満開を迎えているものも。管理する同院の吉山芳美さん(51)は「花が1本の茎にいくつもついているのを楽しんでほしい」と話した。花の開花状況はフェイスブックの持明院のページでも分かる。公開は午前8時から午後5時まで。拝観料は300円。

(山内晴信)

旅コラム
国内
海外