【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】一夜限りの夜間開園 8日、かつやまディノパーク

【福井】一夜限りの夜間開園 8日、かつやまディノパーク

ジャンル・エリア : 動物 | 福井  2015年08月05日

ライトアップされ不気味さが増す恐竜ロボットの「スピノサウルス」=勝山市のかつやまディノパークで

ライトアップされ不気味さが増す恐竜ロボットの「スピノサウルス」=勝山市のかつやまディノパークで

 勝山市の長尾山総合公園(かつやま恐竜の森)内にある「かつやまディノパーク」で8日、一夜限りの「ナイトディノパーク」がある。昼間とは違い、ライトアップされ、神秘的に見える恐竜たちの不気味な表情が楽しめる。入園料は特別料金で4歳以上200円(通常500円)。

 かつやまディノパークは原寸大の恐竜ロボット24体を屋外に配置。全長12メートルのスピノサウルスなど動く恐竜が野性味あふれる雑木林に据え付けられ、迫力満点の展示が楽しめる施設。4月のオープンから3カ月で入園者5万人を達成し、夜間の開催を望む声が多いことから一夜限りで実施する。

 時間は午後7時から同8時半で、入場は同8時までに。入園者には恐竜マスコットをプレゼントする。園内には外灯がないため懐中電灯を持参し、虫よけスプレーなどもあるとよい。雨天の場合は午後5時に中止を決定する。(問)かつやま恐竜の森=0779(88)8777

 (藤井雄次)

旅コラム
国内
海外