【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】粒に甘みぎゅっと 飯田でブドウ狩り始まる

【長野】粒に甘みぎゅっと 飯田でブドウ狩り始まる

ジャンル・エリア : 果物 | 甲信越  2015年08月11日

色つやよく、たわわに実ったブドウ=飯田市の農業法人「今田平」で

色つやよく、たわわに実ったブドウ=飯田市の農業法人「今田平」で

 飯田市龍江の農業法人「今田平」のブドウ園で10日、ブドウ狩りが始まった。訪れた夫婦らは、重みで中心部分がたわんだブドウ棚から果実をもぎ取り、甘みが詰まった1粒1粒をほおばって味わっていた。

 同園は約50アールの農地に5種類、計1万5000房のブドウを栽培している。盛りを迎えたノースレッドや香り高いナイアガラをはじめ、スチューベン、安芸クイーン、巨峰と品種別に9月下旬まで楽しめる。

 大平盛男社長(77)によると、今年は7月上旬から強い日差しが続いたため、土中の水分管理に苦戦。その一方で、光合成が盛んになり、糖分が凝縮された粒に育ったという。

 愛知県尾張旭市から訪れた林岳郎さん(76)は「毎年来ているが、猛烈な暑さの中で育ったブドウはひと味違う」と話した。

 ブドウ狩りは食べ放題制で、料金は1人につき小学生以上700円、小学生未満は無料。大粒種の開放時期は1000円。要予約。開園は土日曜日と祝日が午前9時~午後4時、平日は予約による。(問)今田平=0265(27)5020

 (高畑章)

旅コラム
国内
海外