【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】甘い香り 優雅に咲く 中央植物園 パラグアイオニバス

【富山】甘い香り 優雅に咲く 中央植物園 パラグアイオニバス

ジャンル・エリア : 富山 |   2015年08月17日

池の水面に咲き始めたパラグアイオニバスの白い花=県中央植物園で

池の水面に咲き始めたパラグアイオニバスの白い花=県中央植物園で

 水面に浮かぶパラグアイオニバスの優雅な花が、富山市の県中央植物園で咲き始めた。9月中旬まで楽しめる。

 大きな葉が特徴のパラグアイオニバスは、南米原産の水生植物。同園では50株を栽培している。

 花は夜に開花。初日は白色、2日目にはピンク色に変わり、周辺に甘い香りを放つ。同園栽培展示課の山下寿之課長(56)は「国内でもこれだけ多くの花が見られるのは珍しい」と来園を呼び掛けている。

 21、22の両日には午後6時半から夜の観賞会を開く。入園料は大人250円、高校生以下無料。

 (青木孝行)

旅コラム
国内
海外