【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】軽トラ市で新鮮野菜 木曽で初開催

【長野】軽トラ市で新鮮野菜 木曽で初開催

ジャンル・エリア : まちおこし | 特産 | 甲信越 | 野菜  2015年08月27日

軽トラ市で学校で収穫したトウモロコシを販売する開田小の児童たち=木曽町の「五本松」で

軽トラ市で学校で収穫したトウモロコシを販売する開田小の児童たち=木曽町の「五本松」で

 木曽町開田高原の農家や町でつくる実行委員会は今月から、地元で取れた新鮮野菜などを軽トラックの荷台で販売する「開田高原ベジフェスタ 軽トラ市」を、木曽町開田高原の展示・販売施設「五本松」で始めた。初開催となった23日の軽トラ市では採れたての野菜が並び、大勢の買い物客らでにぎわった。11月まで月1回開催する。

 御嶽(おんたけ)山麓の開田地区は、昨年9月の御嶽山噴火の影響で観光客らが減少していることから、おいしい野菜を観光客に買いに来てもらおうと企画した。

 23日の軽トラ市では、5戸の農家が持ち込んだキャベツやハクサイ、ブルーベリーといった採り立て野菜などがずらり。

 開田小学校の3年生12人も、5月から校内の畑で無農薬で育ててきたトウモロコシを持ち寄った。「お買い得のトウモロコシはいかがですか」との児童らの呼び掛けに、訪れた人たちが列をつくった。

 安曇野市の会社員北沢佳代子さん(48)は「売り子の子どもたちがかわいらしかった。野菜をいっぱい買えて良かった」と話していた。

 同町開田支所産業振興係の中村和子さん(53)は「おいしい野菜が開田高原にあるんだということを、軽トラ市でPRしたい」と語った。

 軽トラ市は、次回は9月20日に開く。その後は10月18日、11月1日に予定している。(問)同支所=0264(42)3331

 (前田寛季)

旅コラム
国内
海外