【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】働くママ 絵描きの夢かなった かほくの小村さん 涌波で初個展

【石川】働くママ 絵描きの夢かなった かほくの小村さん 涌波で初個展

ジャンル・エリア : 石川 | 芸術  2015年09月04日

家庭と仕事、趣味の両立を楽しむ小村真由美さん=いずれも金沢市のワクナミトネリコで

家庭と仕事、趣味の両立を楽しむ小村真由美さん


 「大人になっても夢はかなうよ」-。子どものころの夢は絵本作家になることだったという小村真由美さん(52)=かほく市=が、家事と仕事を両立させながら描いてきたイラストの展示会が、金沢市涌波のギャラリー「ワクナミトネリコ」で開かれている。28日まで。(飯田樹与)

 小村さんは、コンピューター関連メーカーで正社員として働き、家庭では3人の子どもを育ててきた。剣道の強豪校がある県外の高校に進学した長女の姿に触発され、カラーコーディネーターの資格などを取りながら、2004年に絵本『にじいろのチャップ』を自費出版。これまで絵本のイラストを担当したり、知人の依頼でウエディングボードなどに似顔絵を描いたりしてきた。

 仕事と家事の合間に、自分の好きなことをする時間を捻出するため家事も効率的にやるように。「会社員でも母でもない、自分の時間をつくることで、ストレスもなくなりバランスが良いですね」

伝統工芸家とコラボした山中漆器の重箱や和傘

伝統工芸家とコラボした山中漆器の重箱や和傘=いずれも金沢市のワクナミトネリコで


 初個展となるイラスト展は、絵本の自費出版から10年の節目に、これまでの活動を振り返ろうと企画した。和傘や二俣和紙のネクタイ、山中漆器の重箱など伝統工芸家とコラボした作品をはじめ、キャンバスにカラーマーカーなどで描いた似顔絵など約50点を展示している。

 小村さんが描く女性は、肉厚な唇に長いまつげが特徴で美しい。小村さんは「女性をきれいに描くのが好き。女性に見てもらい、自分らしく趣味を持って楽しく生きられることを伝えられたら」と来場を呼び掛けている。

 開館時間は正午~午後5時で、火、木曜休館。入場無料。20日に、似顔絵制作やパーソナルカラー診断の体験会もある。

旅コラム
国内
海外