【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】付知の景色と空気感じて 熊谷守一記念館が開館

【岐阜】付知の景色と空気感じて 熊谷守一記念館が開館

ジャンル・エリア : 岐阜 | 芸術  2015年09月17日

開館を祝ってテープカットする関係者ら=中津川市付知町の熊谷守一つけち記念館で

開館を祝ってテープカットする関係者ら=中津川市付知町の熊谷守一つけち記念館で

 中津川市付知町出身の洋画家熊谷守一の作品を集めた「熊谷守一つけち記念館」が16日、同市付知町の付知川沿いで開館した。記念式典が開かれ、県や市、商工会、地元の関係者ら200人が出席して祝った。

 記念館は、守一と同郷の小南佐年館長(66)=東京都練馬区=が私費を投じて建設。小南館長の収集品と市が寄託した作品約500点を収蔵。開館記念展では、守一の油彩画や日本画など約90点を展示している。

 式典では、小南館長が「建設を思い立って8年。画伯が暮らした付知の景色、空気を感じてほしい」とあいさつ。古田肇知事は「リニア新幹線に先んじて新しい魅力ある拠点ができた」と祝辞を述べた。この後、小南館長や守一の次女で画家の榧(かや)さん(86)らがテープカットし、ファンや関係者らが作品を鑑賞した。

 入館料は一般700円、中学生以下無料。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日休館)。(問)記念館=0573(83)0050

 (星野恵一)

旅コラム
国内
海外