【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】竹筒使い炊飯を体験 敦賀で親子ら秋祭り楽しむ

【福井】竹筒使い炊飯を体験 敦賀で親子ら秋祭り楽しむ

ジャンル・エリア : まつり | 福井  2015年09月28日

炊飯体験で竹筒を使って火の勢いを調整する子どもたち=敦賀市の中池見湿地で

炊飯体験で竹筒を使って火の勢いを調整する子どもたち=敦賀市の中池見湿地で

 国際的に重要な湿地を守るラムサール条約に登録された中池見湿地(敦賀市樫曲)で27日、秋祭りがあった。

 自然に寄り添う暮らしの豊かさを感じてもらうと、湿地を管理するNPO法人「中池見ねっと」が主催した。

 湿地の一画で育てた米を釜で炊く体験には、地元の親子連れなど10人ほどが参加。枯れ枝などにマッチで火を付け、風の影響を防いだり、枝の置く位置を変えたりと火勢を保つのに知恵を絞った。ご飯が炊きあがると、参加者に笑みが広がった。初めて火おこしをした田中裕輝君(6つ)=同市呉羽町=は「竹筒で空気を送っていると、口の中に灰の香りがした」とうれしそうに話した。

 足踏み脱穀機や穀粒を選別する「唐箕(とうみ)」の体験、湿地に育った杉の古木展、湿地で駆除した外来植物を使った茶の試飲、ホルン演奏もあった。

 10月4日午後1時からは、湿地でお茶を片手にカヤネズミの講演を聴く「カヤネズミ博士とトーク&ウオークin中池見」もある。参加費700円。定員30人で先着順。(問)中池見ねっと=090(8269)9801

(古根村進然)

旅コラム
国内
海外