【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ジンベエザメ 初の雌 のとじま水族館

【石川】ジンベエザメ 初の雌 のとじま水族館

ジャンル・エリア : | 石川  2015年10月15日

新たに展示が始まった雌のジンベエザメ(下)と先輩のモモベエ=石川県七尾市ののとじま水族館で

新たに展示が始まった雌のジンベエザメ(下)と先輩のモモベエ=石川県七尾市ののとじま水族館で

 のとじま水族館(石川県七尾市)で14日、ジンベエザメ1匹が新たに搬入され、展示が始まった。同館初となる雌の展示で、昨年9月に1匹を放流して以来、約1年ぶりに2匹が同時に水槽の中を泳ぐ。

 1日に同市庵町沖の定置網に入った個体で、体長は約4メートル。同館の海上いけすで順調になじませてきた。

 搬入作業は早朝に始まり、海中から移送容器に移したジンベエザメを、トラックで展示施設近くに運搬。屋根を開けてクレーンで水槽内に降ろし、水温に慣れさせた。

 移送容器から放たれたジンベエザメは職員が見守る中、新しい環境を確かめるようにゆっくりと泳ぎ、先輩の「モモベエ」と接近するシーンも見られた。今後は健康状態を確認しながら飼育し、落ち着き次第、愛称の募集や記念企画の開催を予定する。

 国内の水族館でジンベエザメを2匹以上展示するのは、同館を含めて3カ所だけ。坂尻健一館長は「1年ぶりの2匹展示を、多くの来館者に楽しんでもらいたい」と話した。

 (鈴村隆一)

旅コラム
国内
海外