【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】名鉄の歴代車両の模型いっぱい 美浜、南知多おもちゃ王国

【愛知】名鉄の歴代車両の模型いっぱい 美浜、南知多おもちゃ王国

ジャンル・エリア : 愛知 | 鉄道  2015年10月29日

鉄道模型が走行する精緻なジオラマで形作られた街並み=美浜町の南知多おもちゃ王国で

鉄道模型が走行する精緻なジオラマで形作られた街並み=美浜町の南知多おもちゃ王国で

 名古屋鉄道の歴代車両の模型を集めた「おもしろ鉄道博」が、美浜町奥田の南知多おもちゃ王国で開かれている。来年2月28日まで。

 目玉は、150分の1スケールの鉄道模型(Nゲージ)が走るジオラマ。幅6.9メートル、奥行き1.8メートルのスペースに、レトロな昭和の街並み、中部国際空港、おもちゃ王国に隣接する南知多ビーチランドをそれぞれイメージした3つのエリアを再現。その中を、「パノラマカー」の愛称で知られ、2009年に引退した7000系、現在も特急車両として使われている1000系、中部国際空港を発着する「ミュースカイ」の2000系が走行する。運転手気分で速度を調節することもできる。

 名古屋市と岐阜県高山市を結んだディーゼル車両など人気を集めた歴代車両23種類の模型も展示。名鉄資料館(岐阜県可児市)が所蔵する7000系の行き先表示器や、車両の接近を知らせるミュージックホーンの体験コーナーも設けた。廃駅となった「布土」や、名前が変更される前の駅「南成岩(現・青山)」を示した「駅名標」もある。

 鉄道模型の操作は3分100円。(問)南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国=0569(87)2000

 (沢井秀之)

旅コラム
国内
海外