【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】尾鷲のメアジ食べに来て バイキングに南蛮漬け

【三重】尾鷲のメアジ食べに来て バイキングに南蛮漬け

ジャンル・エリア : グルメ | 三重 | 特産  2015年11月10日

地元産の野菜とともに南蛮漬けとして提供されているメアジ=尾鷲市向井の夢古道おわせで

地元産の野菜とともに南蛮漬けとして提供されているメアジ=尾鷲市向井の夢古道おわせで

 漁業者の間で「ドンパコ」と呼ばれるメアジの南蛮漬けが、尾鷲市向井の観光物産施設「夢古道おわせ」のランチバイキングに29日までの期間限定で登場している。

 目の大きさが特徴のメアジは、体長15センチほどの魚。尾鷲で捕れるアジの中では味が劣るため、市場で雑魚として扱われることが多いが、安く手に入ることから主に地元の家庭で味わわれる。

 伊東将志支配人(41)は「市外からの来店客も多いので、大衆魚より尾鷲ならではの魚で興味を引き、魚種の豊富さを知ってもらいたい。無名の魚にも価値はある」と提供の狙いを話す。

 味についても「脂は少ないが、その分酢との相性が良い。お客さんにも好評なので、一度食べてみて」と薦める。

 このほか、ニギスのすり身揚げや柿入りのなます、真菜のおひたしなど、地元産食材を使った旬のメニューを用意している。

(小坂亮太)

旅コラム
国内
海外