【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】シャチのリン、13日に3歳 名港水族館、まだ授乳頼りもすくすく

【愛知】シャチのリン、13日に3歳 名港水族館、まだ授乳頼りもすくすく

ジャンル・エリア : 動物 | 愛知 | 水族館  2015年11月12日

飼育員の福本さんの指導で訓練するリン=名古屋市港区の名古屋港水族館で

飼育員の福本さんの指導で訓練するリン=名古屋市港区の名古屋港水族館で

 名古屋港水族館(名古屋市港区)生まれの雌のシャチ「リン」が13日、3歳の誕生日を迎える。離乳期のはずが母ステラ(推定29歳)の授乳に頼る甘えん坊。それでも大きな病気もせず、すくすく成長して、愛らしい姿で入館者らの人気を集めている。

 リンは体長3.7メートル、体重900キロに成長。母ステラ(体長5.2メートル、体重2.2トン)が見守り、9歳の姉ラン(体長4.9メートル、体重1.7トン)とプールを元気に泳ぎ回る。体調管理のためには、飼育員の指示に従う訓練が必要。飼育員の福本洋平さん(37)の指導で水面上へジャンプしたり、合図でプール脇に上がって静止したりする。

 10月から始まった飼育員の解説タイムでも、水槽前で観察する来館者を興味津々にのぞき込む愛嬌(あいきょう)ある姿や3頭そろった姿が人気だ。午前のトレーニング、平日は2回、土、日曜や祝日は3回の公開トレーニングに励む。

 福本さんによると、普段は仲のいい3頭も、リンからちょっかいを出されたランが怒っていさかいを起こすと、ステラがとがめ3頭とも機嫌が悪くなる。トレーニングが機嫌に左右されることも多く、飼育員も苦心する。

 福本さんは「リンは天真らんまん。通常2歳から離乳期だが、私たちが何かできるわけでないので3頭に任せたい」と温かく見守る。

 水族館では3歳を記念して13~15日、午前10時から15分ほど、北館2階シャチプール前で飼育員がリンについて解説し、トレーニング成果も披露する。13日は、ゼリーで作った誕生日ケーキをリンに贈る。13日は3回、14、15日は各4回、それぞれ先着200人に、リンの姿をデザインした記念ポストカードを贈る。(問)水族館=052(654)7080

(室木泰彦)

旅コラム
国内
海外