【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】県工業技術センター開発のアイデア商品 県庁で展示会

【福井】県工業技術センター開発のアイデア商品 県庁で展示会

ジャンル・エリア : 展示 | 福井  2015年11月12日

和室に合うようデザインされたカニ焼き専用卓上七輪=県庁で

和室に合うようデザインされたカニ焼き専用卓上七輪=県庁で

 県工業技術センター(福井市川合鷲塚町)が開発した技術や製品などをPRする展示会が11日、県庁県民ホールで始まった。12日まで。

 8つのテーマに分け、カニ焼き専用の卓上七輪や太陽光発電シューズの試作品、県内の企業と共同開発した銅合金を使ったシンバルなどを紹介している。

◆和室に合う越前焼七輪

 七輪は越前焼の窯元と開発した。和室に合うデザインにし、座敷の席から焼き具合を見て楽しめるよう高さを低めにした。炭の容器を二重構造にするなどして安全性や熱効率を高めた。

◆LED点灯のシューズ

 シューズは長年培われた繊維とエレクトロニクスの技術を融合した。側面の繊維に織り込んだ球状の太陽光発電素子で光を採り入れ、靴底のバッテリーで充電。スイッチを入れると、先端とかかとの発光ダイオード(LED)が点灯する。

太陽光発電で先端のLEDが点灯するシューズ=県庁で

太陽光発電で先端のLEDが点灯するシューズ=県庁で

 炭素繊維複合材料の自動車ボンネットや陶磁器のリサイクル試作品なども並ぶ。

 (平野誠也)

旅コラム
国内
海外