【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】CG投影で魚すいすい 栄・テレビ塔

【愛知】CG投影で魚すいすい 栄・テレビ塔

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 愛知  2015年11月20日

名古屋テレビ塔の展望台からの夜景と融合させたプロジェクションマッピング=名古屋市中区栄で

名古屋テレビ塔の展望台からの夜景と融合させたプロジェクションマッピング=名古屋市中区栄で

 栄の名古屋テレビ塔展望台で20日夜、窓などにコンピューターグラフィックス(CG)を投影するプロジェクションマッピング「シティー・ライト・ファンタジア」が始まる。地上90メートルから望むきらびやかな夜景の中を、シャチやエイが悠々と「泳ぎ回る」幻想的な光景が楽しめる。

 投影は、星空がテーマだった今夏に続き2回目。展望台のガラス窓と天井の一部などに動画を投影する。海面に見立てた上空から雪の結晶のような「マリンスノー」が降り注ぐ演出も。東京都渋谷区の映像制作会社ネイキッドが、名古屋港水族館(港区)のシャチなどを参考に、海の生物のCGを作った。19日夜の内覧会では、同社の村松亮太郎代表は「冬は空気が澄んでいて夜景が素晴らしい。夜景を活用して美しい空間に仕上がりました」とPRした。

 投影は来年2月14日までで、年内は午後6~10時、年明けは午後6~9時。入場料は高校生以上が1000円、小中学生が500円。

 (中野祐紀)

旅コラム
国内
海外