【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】あすなろう鉄道の今昔は 四日市・日永資料館で写真展

【三重】あすなろう鉄道の今昔は 四日市・日永資料館で写真展

ジャンル・エリア : 三重 | 乗り物 | 展示 | 鉄道  2015年11月25日

写真や資料であすなろう鉄道の変遷を伝える特別展=四日市市泊町の東海道日永郷土資料館で

写真や資料であすなろう鉄道の変遷を伝える特別展=四日市市泊町の東海道日永郷土資料館で

 四日市市泊町の東海道日永郷土資料館で、開館2周年を記念した特別展「四日市あすなろう鉄道・日永今昔物語」が開かれている。12月27日まで。

 資料館は地域住民でつくる「日永郷土史研究会」が築150年の古民家を改修し、2013年11月にオープンした。日永地区に関する文献や、昔の生活用品などを集めた。特別展では1912(大正元)年から日永地区を走る鉄道に焦点を当てた。

 鉄道の成り立ちから、今年4月に四日市あすなろう鉄道の運行が移った現在までを写真や資料など50点で紹介。開業当時の蒸気機関車(SL)や今年9月に導入された新車両の写真、近鉄の運行時代の駅長帽、大正期の路線図、駅を紹介する会員手作りのパネルが並ぶ。

 研究会の高野健会長(75)は「大正、昭和、平成と地域に親しまれてきた鉄道。今後も末永く愛されるよう、ぜひ多くの人に知ってもらいたい」と話す。

 開館は水曜、土曜、日曜、祝日の午前9時~午後4時。(問)高野さん=090(9899)3240

(曽田晋太郎)

旅コラム
国内
海外