【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】境内に早くも門松 福井の大安禅寺

【福井】境内に早くも門松 福井の大安禅寺

ジャンル・エリア : オブジェ | 文化 | 神社・仏閣 | 福井  2015年11月27日

冷たい雨が降り、晩秋の風情漂う境内に設置された一対の門松=福井市の大安禅寺で

冷たい雨が降り、晩秋の風情漂う境内に設置された一対の門松=福井市の大安禅寺で

 福井市田ノ谷町の大安禅寺境内に26日、一対の門松が設置され、参拝者は早くも正月気分を味わっている。

 門松は高さ2.2メートル、直径が55センチ。小森庭園(坂井市春江町)の庭師末政幸憲さん(78)ら3人がスギや松、葉ボタンなどを手際よく飾って仕上げた。

 今季のテーマ「温故知新」にちなみ、古い葉の養分で新しい葉が育つユズリハの装飾も門松の後ろに設置。先人たちが築いた土台の上に生きていることを再認識してほしいとの思いを込めたという。

 門松は来年1月11日まで置く予定。高橋玄峰(げんぽう)副住職(33)は「一足先に門松を見ることで、新年に向けて良い準備をしてもらえたら」と話していた。

 (玉田能成)

旅コラム
国内
海外