【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】「平成の御車山」制作 後輪焼嵌め 一気の技

【富山】「平成の御車山」制作 後輪焼嵌め 一気の技

ジャンル・エリア : オブジェ | 富山 | 文化  2015年11月30日

鉄輪がはめ込まれた御車山の車輪=高岡市伏木古府で

鉄輪がはめ込まれた御車山の車輪=高岡市伏木古府で

 2017年の完成を目指して制作している「平成の御車山」に取り付ける後車輪二輪の「焼嵌(やきば)め」が29日、高岡市伏木古府の黒田鉄工所であった。(山本拓海)

 焼嵌めは、車輪の外側となる鉄輪を炉で800度まで熱して膨張させ、車輪内側となる木地にはめ込む技法。鉄輪を水で一気に冷やして収縮させ、2つを結合する。鉄工所の約20人が作業にあたった。

 前輪は既に完成し、御車山会館に展示中。後輪は高岡地域地場産業センター(同市開発本町)で10日ほど保管し乾燥させた後、高岡地域文化財等修理協会の4人が漆塗りする。その後、サクラやチョウなどの飾り金具を取り付け、本年度末に完成する予定。

 山車の制作は13年に、これまでの高岡の技術と伝統を未来に伝えるシンボルづくりとして開始。制作費3億円のうち1億円は寄付を募り、27日時点で約8300万円が集まっている。

 同鉄工所の黒田義弘代表(58)は「担当の工程が完了してひと安心。御車山の完成が楽しみ」と話した。

旅コラム
国内
海外