【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】虫も集まりゃサルになる 県昆虫館パネル

【石川】虫も集まりゃサルになる 県昆虫館パネル

ジャンル・エリア : 展示 | 石川  2015年12月10日

昆虫の標本で描かれたサルのパネルに見入る子どもたち=県ふれあい昆虫館で

昆虫の標本で描かれたサルのパネルに見入る子どもたち=県ふれあい昆虫館で

 白山市八幡町の県ふれあい昆虫館に9日、昆虫の標本で来年のえと「申(さる)」を表現したパネルがお目見えした。来年2月15日まで飾る。

 サル(英語でモンキー)にちなみ、学芸員が和名に「サル」「モンキ」を含む5種類の標本94点を点描のように並べた。

 サルを模したお守りに似た姿形が名前の由来となったとされるサルハムシの仲間や、背中にハート模様があるカメムシで輪郭をつくり、体長7、8ミリのモンキマメゲンゴロウで目鼻を表現。モンキアゲハをおしゃれなちょうネクタイとしてあしらった。

 和名にサル、モンキを含む昆虫計236種の一覧も併せて紹介。

 担当した渡部晃平学芸員(29)は「見た人がくすりと笑ってもらえたら」と話した。

 火曜休館。入館料は一般410円、小中高生200円。29日から1月1日は休み。問い合わせは同館=電076(272)3417=へ。 

  (谷口大河)

旅コラム
国内
海外