【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】真田家の歴史、見て学ぶ 上田

【長野】真田家の歴史、見て学ぶ 上田

ジャンル・エリア : 展示 | 歴史 | 甲信越  2016年01月05日

真田家ゆかりの武具や古文書が並ぶ特別展の会場=上田市で

真田家ゆかりの武具や古文書が並ぶ特別展の会場=上田市で

◆所蔵品など全国先行公開 上田市立博物館特別展

 NHK大河ドラマ「真田丸」の放映を前に上田市の市立博物館で4日、真田丸全国巡回展に出品する所蔵品などを先行公開する特別展が始まった。

 特別展では、真田昌幸が上田城築城の際に建てた八幡社が市に寄贈した初公開の巨大絵馬(高さ1メートル、幅1.6メートル)や、北条氏が昌幸に臣下に下るように求めた当時の書状など約40点を展示。映像で真田家の歴史を学べるシアターも新設した。

 巡回展は4月末から東京を皮切りに長野や大阪で開かれる予定。同館の担当者は「幸村や昌幸の肖像画もあり武将の細かい表情や真田家の当時の勢いを感じてほしい」と話している。入場料は大人250円、高校・大学生180円、小中学生60円。

(五十幡将之)

戦国時代の上田城の様子がよみがえるアプリケーション=上田市で

戦国時代の上田城の様子がよみがえるアプリケーション=上田市で

◆400年前の上田を映像で スマホ用アプリ公開

 上田市教委は4日、400年前の上田城の姿を映像で楽しめるスマートフォン用アプリを公開した。

 内容は上田城跡周辺で見られる「バーチャル上田城」と、動画で史跡を学べる「真田氏ゆかりの地映像ツアー」、市内歩きに便利な「散策マップ」の3つ。

 バーチャル上田城では、水をたたえた大堀や上田城南部の断崖絶壁など迫力ある7つの史跡が3次元映像で忠実に再現されている。アプリは、iOSやアンドロイド端末向け配信サイトから無料でダウンロードできる。

 真田グッズがもらえるクイズもあり、担当者は「今と400年前の上田城を比べ、歴史の重みと規模の大きさを体感してほしい」と話している。

旅コラム
国内
海外