【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ご神火シンボル完成 小矢部 9日、火占いまつり

【富山】ご神火シンボル完成 小矢部 9日、火占いまつり

ジャンル・エリア : まつり | 富山 | 歴史  2016年01月06日

星形のシンボルを竹柱に取り付ける会員たち=小矢部市の桜町JOMONパークで

星形のシンボルを竹柱に取り付ける会員たち=小矢部市の桜町JOMONパークで

 小矢部市の桜町JOMONパークで5日、「縄文の火占いまつり」に掲げる星形のシンボルが完成した。まつりは9日に開催され、新年の運勢を占う。

 秋田県内の遺跡で星形の文様が残されていることなどにちなみ、「星に願いを」をテーマに制作。主催する市民グループ「桜町石斧(せきふ)の会」の山本護会長ら5人がわらで縄をない、高さ1.2メートル、幅1メートルの形に仕上げた。これを高さ5.5メートルの竹柱の先端に取り付け、まつりの「ご神火」として扱う。

 まつりは午後3時半~5時。パークの広場に「挑戦」「希望」などと書いた8枚の占い札を環状に並べる。中央に立てたシンボルの竹柱を燃やし、倒れた方角にある札の言葉が今年の運勢となる。

 桜町遺跡の約4000年前の地層から出土した山菜のコゴミ入り縄文なべ、古代米を使った五平もちも無料で振る舞われる。

 (近藤統義)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外