【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】琵琶湖大橋の半世紀、県庁で写真13点展示

【滋賀】琵琶湖大橋の半世紀、県庁で写真13点展示

ジャンル・エリア : 展示 | 歴史 | 近畿  2016年02月01日

展示されている琵琶湖大橋の写真パネル=県庁で

展示されている琵琶湖大橋の写真パネル=県庁で

 4月から通行料が値下げされる琵琶湖大橋の半世紀の歩みを振り返る写真パネルが、県庁で展示されている。

 橋は東京五輪が開かれた1964(昭和39)年に完成。県職員が報道資料として撮影したものや県道路公社と個人が所蔵する計13枚の写真をパネルにして展示した。建設中の橋の様子や、開通記念で橋の上で交流する守山町(現守山市)と堅田町(現大津市)の小学生、橋が見える場所で農作業をする人々、天皇陛下が皇太子時代に乗った船が橋の近くを走る場面などが見られる。

 また、松尾芭蕉が琵琶湖のこの地が橋で結ばれることを願って堅田で詠んだ句や、その句に関連した知事の発言もコラムとして紹介している。

 展示は3月15日まで。

 (堀尾法道)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外