【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】プロアマの600点 21美集結 「写真と魂」開幕

【石川】プロアマの600点 21美集結 「写真と魂」開幕

ジャンル・エリア : 展示 | 石川 | 芸術  2016年02月03日

プロの写真家らも出展し、多彩な作品が並ぶ会場=金沢21世紀美術館で

プロの写真家らも出展し、多彩な作品が並ぶ会場=金沢21世紀美術館で

 北陸の写真愛好家や国際的に活躍するプロ写真家ら200人以上が出展した写真展「Connect in SOUL style~世界に繋(つな)がる写真と魂」(北陸中日新聞後援)が2日、金沢市広坂の金沢21世紀美術館市民ギャラリーで始まった。7日まで。6日午後3時からは国内外のプロ11人と写真を見ながら語り合うギャラリートークを行う。

 写真共有アプリ「インスタグラム」で交流する地元のグループ「朝んぽ会」のメンバーが新たに「RAWGUNZ(ローガンズ)」を結成して企画。アプリや写真コンテストで知り合った人らに呼び掛け、600枚を超える力作が集まった。

 作品はテーマも大きさも自由だ。家族の日々のスケッチは笑顔にあふれ、スーパームーンや茶屋街の夜景は風情抜群。福島県南相馬市の仮設住宅で3世代の女性の手だけを撮ったモノクロ写真などストーリーを感じさせるものも多い。

 ローガンズメンバーがインスタグラムで交流するオーストラリアの写真家ニコソノさんも独特の視点が際立つ風景写真を出し、6日には来場。写真家ハービー・山口さんは「人の笑顔や優しい目、世界が決して失(な)くしてはいけない物を撮り残していきたい。」というメッセージも寄せた。カメラメーカー・ニコンの社長らも出品した。

 ローガンズの代表中川満さん(53)=金沢市平和町=は「みんな1枚の写真をきっかけに出会った人ばかり。一つの写真で人とのつながりが生まれ、世界が広がる様子を感じてもらえたらうれしい」と語った。

 チケットは1枚800円。1枚で二度まで入場できる。 (福岡範行)

旅コラム
国内
海外