【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】秘仏、間近で参拝して 浜松・引佐の竹馬寺

【静岡】秘仏、間近で参拝して 浜松・引佐の竹馬寺

ジャンル・エリア : まつり | 神社・仏閣 | 静岡  2016年02月08日

秘仏のご開帳に向けて竹馬寺を掃除するメンバー=浜松市北区引佐町で

秘仏のご開帳に向けて竹馬寺を掃除するメンバー=浜松市北区引佐町で

◆13、14日ご開帳

 浜松市北区引佐町伊平の竹馬寺で、13、14の両日に、秘仏「十一面観世音菩薩(ぼさつ)」のご開帳がある。地元のNPO法人「いーら・いだいら」の野末勝理事長(63)は「多くの人に参拝してほしい」と話している。

 秘仏は、平安時代に行基が作ったとされる木像で、高さ163センチ。ご開帳は33年に1回だが、ことしは11年ごとの中開帳の年にあたり、13日午前10時から、開扉式がある。

 「いーら・いだいら」などは、14日に「観音の里まつり」と題してイベントを開催する。伊平地区にある5つの観音像を巡るトレッキングや、お飾りをした馬が練り歩き、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る風習「しゃんしゃん馬」を、数年ぶりに行う。乗馬体験のほか、餅投げもある。

 7日は、「いーら・いだいら」のメンバーや地元住民が、竹馬寺の掃除や、トレッキングコースの整備などをした。野末理事長は「伊平の良さを味わってほしい」と呼び掛けている。問い合わせは、観音の里まつり事務局=電053(544)0237=へ。 

(高橋貴仁)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外