【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】「びわサーモン」をPR 米原でさめがい冬まつり

【滋賀】「びわサーモン」をPR 米原でさめがい冬まつり

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 近畿  2016年02月12日

釣ったニジマスをほおばる子どもたち=米原市の県醒井養鱒場で

釣ったニジマスをほおばる子どもたち=米原市の県醒井養鱒場で

 米原市上丹生の県醒井養鱒(ようそん)場と周辺店舗で11日、「さめがい冬まつり」が始まった。県が15年かけて開発した養殖ビワマス「びわサーモン」の魅力と地域の良さを発信するイベントで、冬場の開催は初めて。14日まで。

 まつりでは連日、びわサーモンを使ったクリームチーズコロッケとクリームスープを先着150人に無料提供。初日は昼前になくなる人気ぶりだった。

 場内の釣り堀ではニジマス釣りができ、その場で焼いてくれる。春照小学校2年の岩口陽仁(よひと)君は「自分で釣ったから、とびっきりおいしい」と味わっていた。

 伝統産業である木彫りを体験するコーナーや、写真コンテストも開催。JR醒ケ井駅に午前10時に集合し、養鱒場まで約1時間かけて歩くノルディックウオークは、親子連れが景色を楽しみながら歩いていた。ウオークは事前予約が必要。

 午前10時から午後3時。入場料は大人500円、高校・大学生300円、小中学生と65歳以上、障害者は無料。無料駐車場あり。(問)醒井養鱒場=0749(54)0301

 (河辺嘉奈子)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外