【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】100年前の豪華ひな人形展示 南越前町

【福井】100年前の豪華ひな人形展示 南越前町

ジャンル・エリア : まつり | 展示 | 福井  2016年02月23日

右近家に代々伝わる100年前のひな飾り=南越前町の北前船主の館・右近家で

右近家に代々伝わる100年前のひな飾り=南越前町の北前船主の館・右近家で

 ひなまつりを前に、南越前町河野の「北前船主の館・右近家」で、100年前のひな飾りが展示されている。北前船主として繁栄した右近家に伝わるもので、あでやかな人形たちが来館者の目を和ませている。3月22日まで。高校生以上500円、中学生以下300円の施設観覧料で見学できる。

 ひな飾りは、右近家第11代当主義太郎の長女富久子さん(東京都在住)のために1917(大正6)年、石川県能登地方にある義太郎の妻政子の実家・時国家から贈られた。特注した輪島塗の漆器など豪華なつくりが特長。右近家の並べ方と同じにして展示し、七段飾りを五段で飾ったため三人官女と五人ばやしが同じ段に並んでいる。富久子さんが今年100歳を迎えるのを記念して、3月3日から来館者先着100人に粗品を進呈。同日から6日までの4日間は、女性にひなあられもプレゼントする。(問)北前船主の館・右近家=0778(48)2196

 (山内道朗)

旅コラム
国内
海外