【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】復興願い「蘭陵王」奉納へ 10日祈願祭 高岡「有礒正八幡宮」

【富山】復興願い「蘭陵王」奉納へ 10日祈願祭 高岡「有礒正八幡宮」

ジャンル・エリア : まつり | 富山 | 文化 | 神社・仏閣  2016年03月08日

舞楽「蘭陵王」の稽古をする神職=高岡市横田町で

舞楽「蘭陵王」の稽古をする神職=高岡市横田町で

 県神社庁高岡・新湊支部は10日、高岡市横田町の有礒正八幡宮で東日本大震災の復興祈願祭を行う。支部の神職が舞楽「蘭陵王」を奉仕し、復興への祈りをささげる。11日には支部の神職12人が福島県いわき市の磐城平城跡である全国神職有志の会の復興祈願祭でも奉納する。

 雅楽の大曲「蘭陵王」は「没日還午楽(ぼつじつかんごらく)」とも言われ、「沈みかけた太陽を真昼(正午)の勢いに還す(戻す)」との意味がある曲。

 祈願祭は2011年の翌年から毎年行っている。5日には同神社で鳳笙(ほうしょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛の三管と楽太鼓の演奏と蘭陵王を舞う稽古をした。

 支部18カ所の神社には募金ができる復興祈願の木札を用意。祈願祭では各神社で寄せ書きをしてもらった大絵馬を飾り、木札を御神火で焼納する。一般の人も参加できる。

 支部の教化部長を務める有礒正八幡宮の上田正宙(まさひろ)宮司(47)は「高岡から復興の祈りを届けたい。5年の区切りは新しく頑張るための節目。われわれにできることを続けていきたい」と話している。(武田寛史)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外