【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】愛しき逸品 なぜ売れぬ 金沢のギャラリー 50点集め企画展

【石川】愛しき逸品 なぜ売れぬ 金沢のギャラリー 50点集め企画展

ジャンル・エリア : 展示 | 石川 | 芸術  2016年03月18日

デザイナーの椅子や人形

長年売れ残った商品を前にため息をつく小西師博さん=金沢市武蔵町で

長年売れ残った商品を前にため息をつく小西師博さん=金沢市武蔵町で

 海外の有名デザイナーが手がけた椅子や高岡銅器製の不思議な人形…。金沢市武蔵町のギャラリーショップ&カフェ「コニーズアイ」で、長年売れ残った商品50点余りを集めた企画展「UNSOLD」が開かれている。ほとんどを値引き販売し、27日まで展示している。入場無料。(兼村優希)

 扉を開くと、直径50センチほどの真っ赤な球体が出迎える。価格は2万2000円。思わず「これは何」。コニーズアイ代表の小西師博さん(61)は「使い道がよく分からない上に値段が高いからなかなか手を出しにくいのかな」とぽつり。オランダの作家が手がけ、美術館の庭に展示する椅子兼机として作られたらしい。10年以上店頭に置いたままだ。

 18年前のオープン時から陳列棚にある高岡銅器の人形はデザイナー松永真さんの作品。手のひらサイズで、いびつな体の上に金色の平らな顔が載る。簡略化された表情から独特の雰囲気がただよい、3万円の値札におののく。「守り神みたいな存在なので値引きはしません。売れるとちょっと寂しいかも」ともはや愛着を抱いている。

 これまでの企画展で扱ったものや、店頭販売用に仕入れたものがほとんど。売れなかった理由は価格の高さや、使い方の不透明さ、分かりにくい展示方法などさまざまで、来店者の意見も聞きたいと企画した。

 小西さんは今後の作品選びにも生かしたい」と話している。売上金の一部は東日本大震災の復興支援に使うという。問い合わせは、コニーズアイ=電076(204)8431=へ。

旅コラム
国内
海外