【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】ツツジ、ゆっくり開花 鈴鹿・伊奈冨神社

【三重】ツツジ、ゆっくり開花 鈴鹿・伊奈冨神社

ジャンル・エリア : まつり | 三重 |   2016年04月06日

社殿裏手の丘にトンネルのように咲くコバノミツバツツジ=鈴鹿市稲生西の伊奈冨神社で

社殿裏手の丘にトンネルのように咲くコバノミツバツツジ=鈴鹿市稲生西の伊奈冨神社で

 鈴鹿市稲生西の伊奈冨(いのう)神社で「つつじまつり」(中日新聞社後援)が開かれている。16日まで。

 同神社にはコバノミツバツツジ(通称ムラサキツツジ)が数千株自生しており、県の名勝に指定されている。今年は遅めの開花に加え、3月末ごろの冷え込みでゆっくりと開花が進んでいるという。

 境内と社殿裏手の丘には、花芽状態から見ごろまでのツツジが混在。さらに満開の桜とツツジが好対照を見せている。吉田恵子宮司(62)によると、今週末が一番の見ごろで、桜が持てばツツジとの競演が見られそう。

 まつりは9日に雅楽奉納、10日にお茶会、16日に餅まきなどが予定されている。

 (河北直行)

旅コラム
国内
海外