【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】高速SAは“真田一色” 大型連休の「東部湯の丸」など

【長野】高速SAは“真田一色” 大型連休の「東部湯の丸」など

ジャンル・エリア : まちおこし | 歴史 | 甲信越  2016年04月25日

東部湯の丸SA(下り線)に設置された観光案内所=東御市で

東部湯の丸SA(下り線)に設置された観光案内所=東御市で

 NHK大河ドラマ「真田丸」の人気で、大型連休中に観光客の増加が予想される上田城周辺の高速道路サービスエリア(SA)では、施設の外観を戦国時代風にするなど“真田一色”でドライバーを受け入れる準備を進めている。SA関係者は「道中でも真田の雰囲気に浸ってほしい」と話している。

 「真田の郷にて休まれてはいかがか。ゆるりとくつろがれよ」「心強き援軍よ、そなたの忠義、しかと受け取った」-。東部湯の丸SA(東御市)の自動販売機で飲み物を買うと「真田幸村」が、こう話し掛けてくる。

 高速道路上の商業施設を管理するネクセリア東日本長野支部によると、上下線SAにこの音声機能付き自動販売機が一台ずつ置かれている。

 東京方面からの往路となる下りSAには、真田家ゆかりの上田市や長野市松代町に向かう観光客のため、観光案内所を新設した。真田家に関する史跡を巡るスタンプラリーシートや周辺の観光情報冊子など約30種類のパンレットが並ぶ。

石垣のラッピングが施された東部湯の丸SA(上り線)=東御市で

石垣のラッピングが施された東部湯の丸SA(上り線)=東御市で

 帰り道となる上りSAの施設は、自動ドアに上田城の石垣をイメージしたラッピングを施し、窓に六文銭のマークをあしらった。同支部の担当者は「行きも帰りも、真田の雰囲気を感じてもらえる、おもてなしができれば」と話している。

 一方、上田市近郊にある上信越自動車道や長野自動車道上下線のSAやパーキングエリア(PA)内の10店舗では、信州の味を楽しんでもらおうと、上田市の新名物「美味(おい)だれ」や、そばを使ったメニューなどを提供する。

 東部湯の丸SA(上り)で提供する「真田REDトマトざるそば」は、酸味のあるトマトベースのつけ汁を唐辛子が引き立てている。担当者は「連休には県外から来る人も多いので、この機会に信州や上田のご当地の味覚を楽しんでほしい」と話している。

(五十幡将之)

東部湯の丸SA(上り線)で提供されている「真田REDトマトざるそば」

東部湯の丸SA(上り線)で提供されている「真田REDトマトざるそば」

旅コラム
国内
海外