【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】商店街繁栄の起爆剤に ハピリン、28日オープン

【福井】商店街繁栄の起爆剤に ハピリン、28日オープン

ジャンル・エリア : まちおこし | 福井  2016年04月28日

イベントなどの会場としてにぎわい創出が期待されるハピテラス=福井市中央1で

イベントなどの会場としてにぎわい創出が期待されるハピテラス=福井市中央1で

 福井市のJR福井駅西口再開発ビル「ハピリン」が28日、いよいよ開業する。一階の屋根付き広場「ハピテラス」は、11月中旬まで土日の予約がほぼ満杯。催しなど使い方の工夫でにぎわい創出が期待されている。

 ハピテラスは地上4メートル以上がガラスの壁で囲われた横37メートル、縦17メートルの半野外。JR福井駅と商店街の間にあり、バスターミナルや福井鉄道の駅と隣接して歩行者の通路でもある。

 この好立地を生かし、食や音楽を楽しめる開業イベントの後は自動車の展示、美容関係の施術体験など民間のPR、野菜や花の直売などが催される。6、7、11の各月には計3組がハピテラスで人前結婚式を予定。ハピリンの語源「ハッピー」に合い、多くの人が気軽に参列できる利点があるという。

 管理するまちづくり福井の木村郁夫・市にぎわい交流施設館長は「商店街にも足を伸ばす大きな起爆剤にしたい」と意気込む。ハピテラス上部にある300インチの大画面を使い、近くで開いている催しを案内するアイデアもある。坂井市が8月に「かがしコンテスト」で入賞したかかしを展示するなど、県全体の発信地としての役割も担いそうだ。

 3階の多目的ホール「ハピリンホール」は講演会や企業の研修会など年末前まで土日の予約がほぼ埋まっている。能舞台、ステージ、フロアと形を変えて使えるため、木村館長は「実際に来て見て『こんな使い方ができる』と知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

◆臨時駐車場や無料バス運行

 福井市はハピリンの開業に合わせて28日から5月8日まで、無料の臨時駐車場とシャトルバスを用意する。

 臨時駐車場は福井市有楽町の足羽川の花月橋南詰めで、80台分。駐車場からハピリンへ向かうバスは午前10~午後5時、戻るバスは午前11~午後5時半にそれぞれ30分間隔で運行する。

 ハピリン周辺には常設の有料駐車場もあるが、台数に限りがあり、市は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

 (鈴木あや)
地図

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外