【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ガソリンスタンド 肥料販売 高岡、氷見の3カ所

【富山】ガソリンスタンド 肥料販売 高岡、氷見の3カ所

ジャンル・エリア : その他 | 富山 | 野菜  2016年05月12日

家庭菜園向け肥料をガソリンスタンドで販売する草島周司さん(左)ら=高岡市伏木一宮で

家庭菜園向け肥料をガソリンスタンドで販売する草島周司さん(左)ら=高岡市伏木一宮で

従業員が車に載せ負担軽減

 家庭菜園を楽しむ地元の高齢者を後押ししようと、高岡、氷見両市内の3カ所のガソリンスタンドで、家庭向けの肥料が試験販売されている。重い肥料は高齢者が自宅まで持ち帰るのに重荷になるが、スタンドでは従業員が運んで車に載せるため運搬の負担が減る。給油に来たついでに購入できる手軽さも好評だ。(山本拓海)

 堆肥の製造販売をする北陸ポートサービス地域資源循環センター(射水市)が、ガソリンスタンドを運営する伏木燃商(高岡市)と企画。同市の伏木一宮給油所と、氷見市の氷見バイパス給油所、氷見バイパス南給油所で実施している。

 販売しているのは、北陸ポートサービスの土壌改良材「万葉ユーキ」(20リットル)と、プランター用の土(18リットル)。どちらも県内で出た剪定(せんてい)枝や刈り草、伐採木などを熟成させて製造している。

 同社事業企画室マネージャーの草島周司さん(50)は「県内の資源を再活用した安心できる肥料と土で園芸を楽しんでほしい」と期待。伏木燃商の牧野将樹課長(43)は「今回の取り組みを第一歩に、今後も地域に貢献していきたい」と話している。

 試験販売は6月初旬まで。土壌づくりの季節に合わせて9月ごろにも再度販売する予定。冬場には灯油と一緒に肥料の宅配も検討している。

旅コラム
国内
海外