【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】カワウソの赤ちゃん公開 越前松島水族館、6年ぶり誕生

【福井】カワウソの赤ちゃん公開 越前松島水族館、6年ぶり誕生

ジャンル・エリア : 動物 | 水族館 | 福井  2016年06月03日

愛らしい表情を見せるコツメカワウソの赤ちゃん(手前)=坂井市三国町崎の越前松島水族館で

愛らしい表情を見せるコツメカワウソの赤ちゃん(手前)=坂井市三国町崎の越前松島水族館で

 坂井市の越前松島水族館で2日、3月に誕生したコツメカワウソの赤ちゃんの一般公開が始まった。同館では6年ぶりの誕生で、親子3匹がじゃれ合うほほ笑ましい風景が来館者の人気を集めそうだ。

 父親は白浜アドベンチャーワールド(和歌山県)から繁殖目的で借りている「クウ」(4歳)、母親は同館の「シズク」(6歳)で、ペアになって3回目の出産で1匹が育った。

 赤ちゃんはメスで、体重1.4キロ、体長は20~25センチ。カワウソ館の一角で親子水入らずで生活している。担当飼育員の菊地香織さん(34)によると、一人っ子のため、母乳を十分に飲むことができ、成育がよいという。

 この日も両親の後を懸命に付いて回る愛らしい姿が見られた。菊地さんは「何にでも興味を持ち、よく遊ぶ子。かわいらしい姿が見られるのは生後6カ月ごろまでなので、早めに見に来て」とアピールした。公開は午後2時ごろから同5時半の予定で、同4時ごろの餌の時間がお薦めという。

 (本田優子)

旅コラム
国内
海外