【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】肉厚「稲積梅」知って 氷見で19日 収穫とジュース作り

【富山】肉厚「稲積梅」知って 氷見で19日 収穫とジュース作り

ジャンル・エリア : グルメ | 富山 | 特産  2016年06月07日

「有機肥料で育てた、肉厚の稲積梅を知ってほしい」と話すハヤカワサオリさん(左)と南條重一さん=氷見市役所で

「有機肥料で育てた、肉厚の稲積梅を知ってほしい」と話すハヤカワサオリさん(左)と南條重一さん=氷見市役所で

 特産氷見稲積梅生産組合が氷見市稲積の梅林などで特産「稲積梅」の収穫と梅ジュース作りなどを楽しむイベントを19日に予定し、参加者を募集している。申し込みは12日まで。

 稲積梅は県内唯一の梅の指定品種で、低農薬、有機肥料で栽培。広く知ってもらおうと、組合と縁のあった市地域おこし協力隊の稲垣信志さんが企画した。

 「稲積梅ざんまい体験」と題したイベントは、同市加納の直売所「氷見あんしん食品」に集合後、梅林に移動し1キロを摘み取る。その後、あらかじめ冷凍した梅1キロ分を使い、氷砂糖を入れた梅ジュース作りを体験。昼食で梅おにぎりや特製の梅ドレッシングを使ったサラダ、梅ジェラートなどを味わう。

 組合が協力隊と連携するイベントは初めてで、チラシを同市粟原のイラストレーター、ハヤカワサオリさんがデザインした。南條重一組合長は「今年は出来がいい。肉厚の稲積梅を知ってほしい」とPRした。

 参加費は大人1500円、中学生以下は750円。午前9時~午後1時。3~5リットルの果実酒用のビンを持参。問い合わせは、同組合=電0766(72)2221=へ。(高島碧)

旅コラム
国内
海外