【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】新快速、夢運んだ歴史 長浜鉄道スクエアで特別展

【滋賀】新快速、夢運んだ歴史 長浜鉄道スクエアで特別展

ジャンル・エリア : 展示 | 近畿 | 鉄道  2016年06月16日

新快速の歴史を紹介する特別展=長浜市北船町で

新快速の歴史を紹介する特別展=長浜市北船町で

 JR北陸線の直流電化延伸から10年を記念した特別展が7月5日まで、長浜市北船町の長浜鉄道スクエアで開かれている。延伸で長浜駅以北を走るようになった新快速電車の歴史を、鉄道模型やパネルで紹介している。

 北陸線田村-敦賀間は全国でも先駆けの1957(昭和32)年に交流電化され、この技術が東海道新幹線に生かされた。その反面、新快速は直流用のため、京阪神方面から長浜駅に長く乗り入れられなかった。

 市民挙げての直流電化の要望が実り、91年に米原駅止まりだった新快速は長浜駅が発着駅に。2006年には敦賀駅(福井県敦賀市)まで直流化した。

 展示では、1970(昭和45)年にデビューし、都市間交通の中枢を担う新快速の歴史や、長浜との関わりなどをパネル2枚で紹介。鉄道模型はHOゲージ用で、国鉄時代とJR西日本の153系、117系、221系の3台を並べた。

 名誉館長の米山淳一さんは「長浜駅までの直流電化は、黒壁スクエアの取り組み時期と一致し、関西方面からの誘客に大いに役だった。長浜の街との関わりを知ってもらえれば」と話している。

 館内では、70~80年代を中心に発行されたユニークな記念切符など30種の展示もしている。入館料は大人300円、小中学生150円。

(鈴木智重)

旅コラム
国内
海外