【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】桃太郎と鏡獅子、くっきり 松本で田んぼアート公開

【長野】桃太郎と鏡獅子、くっきり 松本で田んぼアート公開

ジャンル・エリア : まちおこし | 甲信越 | 自然 | 芸術  2016年06月20日

田んぼに浮かび上がった「田んぼアート」。展望台から見ることができる=松本市で

田んぼに浮かび上がった「田んぼアート」。展望台から見ることができる=松本市で

 松本市深志のまつもと市民芸術館で7月に開かれる「信州・まつもと大歌舞伎」の関連事業で、同市島内の田んぼに稲で描かれた「田んぼアート」の公開が始まった。近くには高さ約6メートルの展望台が設けられ、約70アールの田んぼに浮かび上がった「桃太郎」と「鏡獅子」を市民らが見入っている。

 田んぼアートは、歌舞伎俳優・中村勘九郎さん(34)の息子2人が来年2月に踏む初舞台を記念し、勘九郎さんの所属プロダクションなどで構成する田んぼアート実行委員会が企画。まつもと大歌舞伎の実行委と地元農家らが協力し、5月下旬に勘九郎さんらが田植えをした。

 色が異なる7種類の稲の苗を植え、初舞台の演目「門出二人桃太郎」にちなんだ「桃太郎」と、勘九郎さんの父の故中村勘三郎さんに見立てた「鏡獅子」を描いている。勘三郎さんが雲の上から孫を見守る様子を表現したという。

 稲の生育状況によって色合いなどが変化するため、9月下旬の稲刈りまで楽しめる。

 展望台は同市島内のラーラ松本近くにあり、利用時間は午前9時~午後6時。観覧料は高校生以上300円。(問)まつもと歌舞伎実行委=0263(34)3293

旅コラム
国内
海外