【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】安全と集客願い海開き 南知多、常滑の海水浴場

【愛知】安全と集客願い海開き 南知多、常滑の海水浴場

ジャンル・エリア : 愛知 | | 自然  2016年06月27日

溺れた海水浴客の救助を想定した県警の訓練=南知多町内海で

溺れた海水浴客の救助を想定した県警の訓練=南知多町内海で

 海水浴シーズン中の浜の安全を祈る南知多町浜開き式が26日、同町内海の内海海水浴場であった。

 町関係者ら60人が出席。海水浴場内の内海観光センターでの神事の後、県警機動隊が溺れた海水浴客をヘリコプターやゴムボートで救助する訓練をした。地元の演奏グループ「知多半島和太鼓こころ会」による記念演奏もあった。

 石黒和彦町長は「災害のない海水浴シーズンになり、浜を訪れる人々に来年も来たくなるような楽しい思い出をたくさんつくってほしい」と期待した。

 海水浴場には多くの家族連れが詰め掛け、泳いだり海を眺めたりして楽しんだ。蟹江町学戸の主婦華山恵美子さん(55)は「いい天気。犬を連れて散歩などを楽しみたい」と笑顔で話した。

 同町には内海をはじめ計5ケ所の海水浴場があり、2015年は天候不順だった14年より6万4000人増の43万2000人が訪れた。今年は15年以上の誘客を目指す。

海水浴シーズン中の安全を祈願する参加者=南知多町内海で

海水浴シーズン中の安全を祈願する参加者=南知多町内海で

 この日、常滑市の坂井海岸でも海開き式があり、市関係者ら20人が出席。市坂井観光協会の永田浩之会長(53)は「夏にかけてイベントの開催などで誘客に努めたい」と話した。

 (大久保謙司)

旅コラム
国内
海外